麻酔クリームなどを使用するので痛みはほとんどありません

サイトメニュー

すっきりした印象になろう

女性

コンプレックスを解消

ほくろは色素細胞などが増えてできてしまった黒アザの一種で、そのままにしても問題がありませんが稀にガン化することもあり、悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれている皮膚ガンがあげられます。もし痛みを伴うような悪性の場合は刺激すると悪化するケースがあるので、疑わしいほくろは専門医において除去することをおすすめします。悪性のものでなければ治療する必要はないですが、コンプレックスを感じている人が多く悩んでいるなら手術を検討してみるのも良いでしょう。いくつか方法があり、レーザー治療や切除手術があります。小さいものには円筒形の器具を使って患部をくり抜くようなパンチ手術を受けることが可能です。最近レーザー治療が増えていて、レーザーを利用すると再発したりシミになることを最小限に抑えたりすることができるでしょう。切除手術を利用するとメスを使いますが安全性が高くきれいに除去することができ、ガン化したり再発したりする心配がありません。施術する前の準備として消毒などを行い、だいたい15分〜20分で完了します。目立つような傷痕が残らず、1週間内で絆創膏は取れるのでメイクすることが可能です。ほくろ除去を正式に申し込む前に事前に医師とのカウンセリングを受けることができるので、施術内容やスケジュールなどに関して確認しておくと安心です。基本的に心配ありませんが、もし手の平や足の裏にあったり、急にほくろが黒くなったりした場合や大きくなったものは注意が必要です。まだらになったり周辺にしみ出たようなにじんだものがあったり、周辺に赤味が出ていてかゆみがあると早めに医師と相談することをおすすめします。
ほくろという名前は俗称で、医学的には色素細胞母斑と呼ばれています。盛り上がったものや平らなものなどいろいろな種類があり、茶色や黒褐色の色素斑になっていてだいたい2〜3mm程度のものが多いです。成長するに伴って数が増えたり大きくなったりする場合があり、遺伝的な要因が大きいと言われています。メラニンが影響しているとも言われていますが、なぜ増えるのかまだ解明されていません。従来治療と言うとメスでくり抜いたり切ったりして縫っていましたが、現在レーザー治療が主流です。表皮よりも少し下におさまっていると消すことができますが、深い部分まであると完全に除去するのは難しいです。表皮部分をとることで薄くすることができたり、平らなものや立体的なものもレーザーで対応したりすることができます。何かしらの病気の疑いがある場合、病理検査医に出してから治療することが可能です。レーザーで取り除く場合は事前に麻酔をするので、施術中の痛みはあまりなく小さなサイズなら絆創膏を貼ることもありません。施術した翌日から炎症を抑えるクリームを塗った後メイクすることができるでしょう。レーザー治療を行った部位に赤みがやや残ることがありますが、しばらくするとましになります。表皮部分にあるほくろにレーザーを利用するだけなら、それほど傷痕は残らないでしょう。細胞が表皮よりも深い箇所にあると、根こそぎ色素を除去することになるのでお肌がへこむこともありますが、医師とカウンセリングにおいて相談しながらどれくらいの施術を行うか相談することができます。

医療事務

取り除いたり切除します

ほくろ除去にはいくつか種類がありますが、レーザー治療の場合ピンポイントで施術することができほとんど傷跡が目立ちません。5mm以下のサイズならレーザーがおすすめですが、1cm以上の大きいものならメスが切除していきます。
治療を受ける人

目立つ部分をなくす

ほくろの除去方法としてはレーザーを使用する方法とメスを使用する方法の二種類に分けられ、サイズや根の深さにより選ぶことになります。大きくなってしまったものの場合は、すべてを取りきるために複数回に分けて除去を行うと安全です。
ほくろ

きれいな仕上がりが特徴

ほくろは皮膚の病変の中でも、多いのが特徴なので、気になる部分にみられる場合は、ほくろ除去を受けたい人が増えています。美容外科のクリニックでは、診察や検査に時間を掛けてくれるので、最適な治療法を提案してくれます。