麻酔クリームなどを使用するので痛みはほとんどありません

サイトメニュー

目立つ部分をなくす

治療を受ける人

アフターケアで跡を残さない

放置しておくと大きくなる場合のあるほくろは、目立つ部分に出来てしまっている場合は特に、皮膚科などで除去を行うのが大切です。除去した跡を残さずに取りきりたいという場合には、美容皮膚科を選ぶことで万全のアフターケアを受けることが出来ます。状態によっては保険が適用されることもあるので、まずは医師の診察を受けてほくろの様子を確認することが重要となります。治療方法としては小さめのものであればレーザーで除去するのが一般的となっており、跡が残りにくい方法として好評となっています。レーザーによる治療は保険が適用されない場合も多くなっていますが、それほど治療費が高くならないため人気です。美容皮膚科にはほくろの数が多い方を対象に、複数個の治療に対応したレーザーのプランを用意しているところも増えています。小さなものが顔などの目立ちやすい部分に多いという方には、一つずつの合計金額を支払うよりもプランを利用した方が治療費やすくなるのでおすすめです。治療にかかる時間はレーザーで除去を行う場合には一日で終了するものが多く、日帰りで済むため忙しい生活を送る方でも気軽に受けられるようになっています。カウンセリング時にいくつくらいのほくろを同時に除去できるか相談して、まとめて治療を行うと通院回数を減らすことが出来ます。ほとんどの美容皮膚科では保証期間があるため、万が一の再発にも対応しやすく挑戦しやすいと言えるでしょう。大きなものがある場合には、試しに気になる部分を一つだけ治療してみて、時期をずらして他の部分も治療するという方法も選べます。
レーザーによるほくろの除去は、痛みをほとんど感じないようにクリームやテープなどで麻酔をしてから治療できるのがメリットです。注射で麻酔を行うのと違いクリームやテープの麻酔なら、全く痛みがない状態で麻酔をかけることが出来ます。もちろん、レーザーを使用している間も照射の音のみで痛みを感じることなく治療でき好評です。治療後は次第にかさぶたになり時間の経過とともに自然と取れるようになっているので、傷跡が残りにくいという特長があります。かさぶたになってきたら引っ掻いたりしないように気をつけることで、治療した部分を綺麗な状態にすることが可能です。アフターケア用の薬を処方している美容皮膚科も多くあり、治療後の経過をみる期間中も自宅でのケアがしやすくなっています。あらかじめ治療後の幹部に絆創膏やテープを貼って、自分で引っ掻いたりしないように対応することも出来ます。寝ている間に引っ掻いたりするのが気になる場合には、医師に相談の上で専用のテープなどで保護出来るようにすると安心です。最初のうちは赤い跡がある場合でも、アフターケアの薬を使用していくうちに跡が分からなくなります。根が深くてレーザーだけでは取りきれない大きさのほくろの場合も、傷跡が残らないようにアフターケア用の薬で対応しています。また、根の深さによっては複数回に分けて除去を行いますが、根の部分まで確実に除去するための方法なので時間をかけて治療するのが大切です。完全に取りきることで根が深かった場合であっても再発の可能性が減り、安心して生活出来るようになります。