麻酔クリームなどを使用するので痛みはほとんどありません

サイトメニュー

取り除いたり切除します

医療事務

ほくろ以外の箇所には傷がつきません

ほくろ除去にはいろいろな方法がありますが、近年人気のあるのが炭酸ガスレーザーを利用したくりぬき法です。細胞の水分に反応するレーザーを使って、隆起している部分やメラニンなどを含めたほくろを蒸散し削り取ることができます。対象部位をレーザーで蒸散しながら除去する方法で、治療した後少し穴が開いた状態になったり浸出液などを伴う傷のような状態になります。その後創傷治癒によって1週間ぐらいで皮膚が再生していき盛り上がって治癒していくでしょう。施術方法はほくろが悪性ではないと確認した後、局所麻酔を行い炭酸ガスレーザーをあてる部分にマーキングしていきます。ほくろを炭酸ガスレーザーで除去し、治療時間は5分です。除去されたら傷に軟膏を塗ったり、創傷被覆材テープで保護していきます。傷が塞がってからやや赤みが残るかもしれませんが、徐々に赤みは消えます。炭酸ガスレーザーにはいろいろなメリットがあり、平坦なほくろや盛り上がった形状、淡い色のものなどいろいろな治療に利用することが可能です。一度の治療でメラニン色素を含む母斑細胞を全体的に除去することができるでしょう。深く切り取り縫い合わせる方法もありますが傷痕が残ることもあるので、レーザーの方が傷痕も目立ちにくく便利です。ケロイドになりやすい体質なら炭酸ガスレーザーがおすすめで、まつ毛の間や小鼻といった切除縫合術では難しい部位も、安心・安全に最小限の傷痕で施術を受けることができます。事前に医師のカウンセリングを受けることができるので、ほくろ除去方法について相談することをおすすめします。
ほくろ除去手術を受けると、見た目の印象をアップすることができるなどいろいろなメリットがあります。施術を受けると表面に出ているところはもちろん、皮膚の下にある根となる細胞まで除去することが可能です。レーザーの場合やや皮膚に穴が開きますが、自然治癒力によって治療され塞がっていくので心配ありません。例えば顔のほくろ除去なら施術した後に洗顔しても大丈夫で、体のほくろ除去なら入浴も問題なく行うことができます。アフターケアとして軟膏クリームを塗るだけで次第に治っていき、再生する可能性は低いです。根こそぎ取り除くことができるのでほとんど再発することはなく、まれに母斑細胞を取り残すこともありますがもう一度施術を受けると消し去ることが可能です。直径5mm以下の小さいものならレーザー治療した場合2週間週間できれいな仕上がりになり、5mm以上ならメス切除した場合抜糸までに5日かかるでしょう。ほくろ除去後の傷跡は気になるところですが、ほとんどの場合傷跡はそれほど目立ちません。但し、ケロイドになりやすい人の場合は傷跡が盛り上がることもあるでしょう。顔面より四肢や体幹の部位の方が目立ちやすい傾向があるので、どれぐらい傷跡として残るのか医師に確認することをおすすめします。レーザーを使って取り除く治療とメスで切除する方法があり、メスを使って除去する場合傷跡が少し長く残る特徴があります。一般的に5mm以下のサイズはレーザーが向いていて、1cm以上の大きなサイズならメスで切除することが多いです。